×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2009-5-31 三瓶山ツーリング

参加メンバー集合。
天気予報は、一週間前からずーっと晴れだったのに
ずれ込んでずれ込んで・・・


おもいっきり、曇りでした(笑)。




でも、ココ最近のツーリングと比べると雨がパラパラしていないだけでも
いよっしゃー!いける!と皆さん思ったはず(笑)。





ということで、続々と集合。

スカイウェイブ650 SBKさん



XV1600 Nさん



CB400SF しびこさん



ジェベル250XC Sさん



ZRX1100 Mさん



GSX1100S Kさん



そして、スタッフの中では一番遅かった、ワタクシヤノカッター。

すいません、町内の草刈りで遅れました(笑)。

DRZ400S Sさん


イントルーダー250LC Sさん


モンスター1000 s.i.e Kさん


モンスター800 Iさん


GSX1400 るーたんさん


GSF750 Mさん


これに、スタッフのマシンが

XF650 マックス


DF200 奥様


DRZ400SM 社長






あ。





写真がない(笑)。






どっかに・・・どっかに・・・





あた!






これで勘弁してください!(笑)

小さっ!!!

ミーティング
皆さんが集まったところで、ミーティングです




社長から、今日のルート、休憩場所、隊列などの説明が。




Sさん、はい!目を開ける!
寝るな〜!(笑)


いつものように、
Aチーム(気持ちのいいペース組)とBチーム(のんびりペース組)で編成されるまつしまシステム。
お客様にも好評で、回を重ねるごとに磨きがかかってきているような気がします(自画自賛かw)


Aチーム先導は、マックス(XF650)
Bチーム先導(離れてしまった場合)は、ワタクシ(DR250S)


マックス号は、GPSナビ装着仕様なのでルート間違いの心配はなし。
ワタクシのマシンにも、最新の材料(前の日に買ったんで、違った意味で新しいw)で製作した
マップケースを装備。





コチラは、何しろ今日がシェイクダウン。


ホントに使えるかは、その時にならないと分からないわけでして・・・
るーたんさんからも













「無用の長物にならにゃええがねえ(笑)」
と笑われる始末。



追い討ちをかけるように、この日はSBKさんもナビを搭載し
なにやらルートを設定していた。
(前回ルート間違えの前科有りw)





群がる参加者を前に、社長が

「ヤノカッター、これを見てみいやあ。これなら迷わんでえ」
と言われ見に行くと








こりゃすごい、まず迷うことは無いだろう。
  し、しかし、ここで引き下がるわけにはいかん・・・




と苦し紛れに、口から出た言葉は・・・







いーーーーーーーや、だめですねこりゃ。
地図を回すところが付いとらん。













もはや







負け惜しみを通り越して







意味不明(笑)。




まあ、笑いが取れたので良しとしましたが





自分のバイクに跨り、目の前に装着されているマップケースを見てしみじみと思う。

先導、SBKさんに代わってもらおっかな(笑)。
時計の電池も切れかけてるし(笑)。


とか思いながら、意地っ張りな性格ですので口には出しません(笑)。



出発
最初に店の前の道で隊列を整えます。いつもどおりね。






出発!


一番ワクワクする瞬間ですね。


いつも走っているなんでもない道も、みんなで走れば楽しいと感じるのは何ででしょうねえ?
同じ趣味を共有している。
という仲間意識なのかもしれませんね。


楽しいっす!



最初は国道でしたから、当然車がたくさんいまして詰まるんです。


で、登坂車線とかが見えた瞬間




Aチームが、あっというまにいなくなってしまいました(笑)。
加速力が全然違いますからね
Bチームは、マイペースで走り続けます。
お互いに無理をしない、これがまつしまスタイル。



若干肌寒い気温の中、最初の休憩地「浜田の夕陽パーク」に到着。


スカイウェイブ650 LX Nさんもここで合流!

この日は、バイク多かったです。
僕ら以外にも、何団体かがどんどん入ってきました。

こんなツーリング軍団もいました。

スタイルは、違えどツーリングを楽しむと言う点に関しては同じ。
若い子がバイクに乗ってくれるというは、嬉しいものです。


そして、ちょい寒めな気温。


さむ〜いのアクションの奥様(笑)。

Mさんは、全然平気。これもいつもどおり(笑)。

ですので、この気温の中を走ってきたライダーたちは、自販機のコーヒーを買い尽くす勢いです(笑)。



今回は、初参加の方もいらっしゃったので最初は心配でしたが
一緒に走れば、なぜだか打ち解けてきて


「朝は他人、昼は友」みたいなノリになってきます(笑)。





ほって置いたら、なんぼでも喋っていそうな雰囲気でした(笑)。

目指せ昼飯
さてさて、休憩もそろそろ終わりにして出発しますか。



暗いですねえ・・・雲が厚いですねえ・・・びみょーな天気です。
まあ、天気予報は回復傾向にあるということなので、お日様の登場を心待ちにしながら走ります。

ここからは、登坂車線も無くまとまって走行。

信号待ちもこのとおり。


今思えば、クラクション鳴らして皆さんにコッチ向いてもらえばよかった(笑)。
次回は、やってみよーかな。



一行は、走り続け東へ東へと向かうわけですが、僕はあんまりコッチ方面に来たことがなかったので





ものすごい数の風車に驚きました。

す、すんげーいっぱいある!
思わず砂浜を走って見学に行きたくなりました(笑)。


そして、いよいよ予定していた昼食ポイントに到着。



れすとらんココット

なんか駐車場占領な感じです(笑)。


実際にあとから入ってきた車の方が



「あの〜席空いてますかねえ?」
と僕らに尋ねたくらいですから(笑)。




さあー喰うぞーーー!
(気合充分w)









れすとらんココット
時間的に昼前ということもあって、僕らの貸切みたいになりました(笑)。

う〜腹減った〜!


さーて、何にしますかねえ〜


店内の写真があんまり無いんですが、ワタクシのお腹は限界点に達するほどして(草刈り効果w)
写真を撮るよりも、何よりも、誰よりも




早くメニューを見たい。
(↑それでもスタッフかw)


ギリギリまで、びっくりチャーシューと迷いましたがキムチラーメン定食に決定。

これっす!

キムチラーメンは、なき砂ラーメンベースで
ご飯は、釜炊き。漬物は自家製。

これを頼んだのは僕一人だったようで、おまけに皆さんの注文したやつより
かなり早めに来たので、注目の的。



辛い物には目が無い社長も、見に来て




おお!これがキムチラーメンか!


はよ蓋を開けえ!(鉄なべには、最初蓋があった)




味は、どんなか?






辛いか?










(質問攻めで、いっそ喰われん・・・)
気が散るので、話しかけないでください!




ピシャッといわせていただきました(笑)



で、味ですが、旨かったです!
ご飯を大盛りにすりゃよかったかなってくらいに(笑)


で、気になるほかの人が頼んだメニュー(笑)。

一瞬、コッチニすればよかったか?と思ったほど・・・。

とんかつ定食。

カツが、デカイ!


そして、しびこさんが頼んだ
びっくりチャーシュー


これには、一番人が集まった(笑)。



チャーシューでかー!



そして、社長が頼んだのがちゃんぽん。

これが、またなき砂ラーメンをはるかに超える味の濃さらしく



次来た時は、これのキムチ版を食べてやる!と心に誓いました(笑)。



いやあ、しかし飯が旨いというのは最高ですね。


ツーリングのよしあしをも左右するような気がします。

で、たらふく食べたら



こうなります(笑)。

分かる分かる(笑)。


気持ちは分かりますが、まったりするのは外で(笑)。


この時間が、いいっす。




マッタリしている間に、少し気温が上がったような・・・
コーヒーを飲み終わったら、行きますかね。



いよっしゃ行こう!




黄色い彗星
さて、いよいよ自作マップケースの出番がやってまいりました。


最初は、イマイチ慣れず事後確認みたいな感じで
「あ、今のトコがここかあ・・・」って(笑)。


ようやく慣れてきた頃に




盲点発覚!



地図にワタクシが書き込んだ数値が間違っていた。
ケースがどうのこうのではなく、おもいきりヒューマンエラー(笑)。



Aチームと距離が開いてしまい、Bチーム単独で走っていたんですけど
分岐点で、るーたんさんが待っていてくれたので事なきを得ましたが

自作マップどおりに走っていったら、とんちんかんな方向に行ってしまっていたはず。

るーたんさん、ありがとうございました。


そのあと、るーたんさんはAチームに追いつくべく加速し
あっという間に見えなくなりました。



そのころAチーム。
マックスを先頭に、リッターバイクが続き気持ちのよいペースで走行。
リッターバイクの後にSさんの黄色いDRZ400Sがいたのですが、そこは排気量の差。

少しづつ距離が開いていったんだそうで。
これは、しょうがないです。


でも、追いつきたい。
それが、バイク乗り。


しばらくして
分岐点では、先の到着したマックスを始めリッターバイク集団が待っていたそうです。
間違ってまっすぐ行ったらマズイですから・・・。




そこへ、登場したのが黄色いDRZ400SのSさん




少し違和感が・・・




分岐点を曲がるには、スピードが落ちていないような・・・





そうなんです。
前を走行しているはずのMさんのバイクに追いつこうと
Sさんの視界は












5cm平方くらいになっていたのです(笑)。





まるで、地方の新幹線の駅でよく見るような光景









そのまま通過。

それも、思い切り前衛投影面積を減らしたまま。







それは、まさに黄色い彗星のよう(笑)。







Aチームのみんなが





えええええええええええええ!!!
と驚いたのは言うまでもありません(笑)。



後ろを走っていたSBKさんは、そのまま追走。
クラクション&パッシングの嵐にも全く気づいてもらえず


Sさん本人が





何かおかしい。
と気づいてようやく帰還。



三瓶自然館に到着したときに
   ヒーローになったのは言うまでもありません。

Sさん、あだ名が決まりましたねえ(笑)。

しかし、ワインディングこそバイクにとってのメインステージみたいなところはありますよね。
絶対スピードは遅くてもいいんです。
あのバイクを寝かす感覚が、楽しいんですから。

Aチームの方々は、いつもの休憩でのパフォーマンスでしたが(笑)。

楽しかったみたいですね(笑)。

さて、ここでは1時間ほど自由時間です。
三瓶自然館に入るも良し、うわさの三瓶バーガーを食べるも良し。


こちらが、三瓶バーガー組


もともとレストランだったみたいです。

メニューは、コチラ。

ハンバーグではなく、ステーキが入っているような物ですから
お値段は、少々高め。



しかしながら、



これは、旨い!

おすすめです!

しかしまあ、昼飯をあんだけ食べたのに
よく入るもんだ(笑)。

こちらは、自然館組。


とはいっても、中に入ったのは社長夫妻くらいで
ぼくらは、ロビーでコーヒーを飲みながら大笑いしながらトークを楽しんでました。


何が面白いって、黄色い彗星Sさんは、なんと元戦車乗り。

本人から画像を頂きました。


一般市民には未知の世界の話が聞けるんですから
面白くないわけが無い。


驚きの連続でありました。

普段、20tのトラックに乗っているNさんも
戦車が40tで、エンジンが2ストディーゼルで、
燃費がなんとリッターわずか300m!(笑)
という話を聞いて、きょとんとした顔になってました。



もちろん、周りにいた僕らもおんなじ顔してましたが(笑)。

他にもいろいろと裏話を聞かせてもらい、大爆笑の嵐でありました。

で、免許の話になりまして







戦車って何の免許がいるんですか?




大特ですね。




あ、そうなんですか大特で乗れるんですか。



でも、乗れるのはキャタピラ付だけなんですよ。





は?








ほら。

ホントだ!


初めて見た(笑)。あるんですねこんな免許の種類が。
ネットで調べたらこんなんありました(←クリック)


こんな感じで、いろんな方と交流できるというのも
ツーリングの楽しさのひとつです。






記念写真
さて、次は恒例の記念写真です。
場所を西の原に移動。

この道も、え〜感じでした。

気持ちよかった〜!

西の原、到着。


残念ながら、山頂は見えませんが


絶景です。



天候が悪かったせいか、他のバイク乗りもあまり来ておらず
僕らだけだったので、写真撮り放題。


撮影大会のようでした(笑)



で、記念撮影といえばマックスはいつものとおり



準備オッケー(笑)。



はい笑って〜!


炎の大作戦
ただ記念写真撮るだけなら、面白くないんで
まつしまは、イベントを企画しておりました。


それが、炎の大作戦。


社長が、江田島に行ったときに買ってきたものです。

これを皆さんに食べていただくわけです。

何が炎なんだ?という感じもしますが

簡単です。

饅頭、団子の中に3つだけ激辛版が入っているのです。
それを誰かが食べるというゲームです。





うーん、ワクワクしますね(笑)。


これが、饅頭。

ドクロマークが、素敵(笑)。

さあ、皆さん
自分で選んでください。


見ても分かりませんよ〜


さあ、結果はいかに・・・
もちろんスタッフも食べますよ。





動画で見るのが一番です(笑)。

↑クリックで動画スタート!







































何度も言いますが、
なんでスタッフが、当たっとるんかい!(笑)


まあ、皆さんに楽しんでいただけたようなので良しとしますが(笑)。



実はですね、当たった方にプレゼントを用意してたんです。
「motul Tシャツ」。

辛いだけじゃ、単なる罰ゲームですからね(笑)。


まさかスタッフが貰うわけにはいきませんので、じゃんけん大会で決めてもらうことに。




しかしですね・・・

この人数で一斉にじゃんけんするんですから





いつまでたっても、決まりません(笑)。


この事態にようやく気がつき(遅いw)


システム変更(笑)。


刀 Kさん、SBKさん、るーたんさん
おめでとうございます!

あとの二人の方は、写真撮るの忘れました・・・すいません(笑)。


イベントが終わると、SBKさんはこのとおり。

起きれんくなりますよ・・・気持ちよすぎて(笑)。



さてさて、僕はといえば予定していたフリスビーを取り出し
ドゥカティ Kさんとやってみることに・・・




しかし、この腐れ外道なフリスビー
激安価格(100円)のせいか、














まっすぐ飛ばん。







というかわずか3mで投げても
90度傾いてになって飛んでくる。







そんなもん・・・













取れるかーーー!



少しイライラ気味で、なんとかしようとフリスビーをよく観察してみると



なんだ変形しとるけえ、まっすぐ飛ばんのじゃやあ




よし。
いっちょ直したる。




力を入れて変形を戻そうと思ったら














パキっ。











ちくしょーーーー!

割れやがったああああああ!!








何もせずに終了。

完全に企画倒れとなりました(笑)。

帰りますかね
さてと、そろそろ帰りますか。

帰路は国道側ではなく山間部を走ります。

三瓶山を出発するときは、猛烈に曇ってまして
一瞬、不安になりましたが


段々と天候は回復




太陽も出ました!



待ってました〜!って感じです。


のどかで、信号も無く、交通量も少なく

最高でした。

次の休憩地までは、若干迷いやすい感じ(地図を見ると)なので
マップケースが大活躍するんですが


ハンドルバーのパッドに固定したので(それもタイラップ)
走行中に、すぐにおじぎしやがるんです





こんなふうに(笑)。

これを戻すのを、ひたすらやってたような気がします(笑)。



そして、じゃっかん道幅狭めで、タイトコーナーが続く川沿いの道に突入。
面白いですね、こーゆー道。
ヒラヒラと走る感じが、楽しいです。






そして、休憩地


風の国に到着。



気温も上がってポカポカ陽気・・・。


まったりしますなあ。。。



ここからのルートですが、若干変更しようかという話も出たんです。
さっきみたいな、ヒラヒラと走れるような道に変更しようかと・・・


しかし、Nさんの一言で中止しました。




「さっきの道(タイトコーナーの連続)






  わしゃあ・・・









ステップが無いようなるかと思った(笑)」





これには、一同爆笑。(マックスしか写ってませんがw)


よりコーナーのゆるいルートに変更しました(笑)。


ここで、ずいぶんと笑って、まったりしましたねえ・・・


そして、オヤジ軍団を癒したのが、彼。



名を、風助という。











本物は、もうちょっとかわいい(笑)。



もうオヤジ軍団は、この通り(笑)。


めんどくさそうにするかと思いきや
まんざらでもない感じの風助(笑)。



こうやって、たくさんのライダーに可愛がられてきたんでしょうね・・。




さあ、そろそろいきますか!





最終休憩地
おだやかなルートを、まったり走ります。



国道に入り、若干渋滞に悩まされますが
走るにつれて、どんどん見覚えのある景色に変わり
潮のかおりが漂ってきました。


浜田方面から国道を走ってくると、右へ下りながら
その先に海が広がる景色が見えるんですけど




ここが、何度走っても気持ちがいい。

うーん、写真じゃあの感じは表現できんなあ〜


海の見える場所に戻ってくるというのが


僕らが、いかに恵まれたバイク乗りであるかを語っているような気がします。




最終休憩地 三隅の道の駅に到着。


ベンチがとってもありがたい時間帯でもあります(笑)。


コーヒー飲んだり、アイスを食べてみたり、今日の話で盛り上がったり・・・


毎回この時間が、またいいですわ〜





その時、ジェベル Sさん




ねえねえ。


あのバクダン饅頭って、





甘くもなかったけど、








辛くもなかったよなあ?













なにいいいいいい!


今頃
バクダン饅頭のこと聞きますかああああ!!








Sさん
あれから、
3時間と3分経ってますけど








饅頭、めちゃくちゃ辛かったですよ!






もしかして、当たってたんじゃないの〜?(笑)

一同大爆笑。




いや、辛くはなかったんだけどなあ・・・






でも、なんで今になってわざわざ言うんですか?(笑)









怪しいな。






検証してみた(笑)。

↑画像クリックで、動画スタート!






そのセーフポーズから下ろした手が
途中で止まって




ピグモンみたいになっているのが・・・








限りなく怪しい(笑)。





一応、犯人にしときます。
もうTシャツはないけど(笑)。



最後の盛り上がりが終わったところで、社長からの挨拶が。



ここからまつしままでの道中に帰られる方もいらっしゃいますからね。


反対方向に戻られるスカイウェイブ Nさんには
みんなで見送りましょうか?
と言ったんですが、


恥ずかしいので、僕が見送ります(笑)

とのことでした。








お疲れ様でした
それじゃ、最後の走行です。
楽しみながらも、気を抜かずに走りましょうね〜









いよっしゃー出発!


スカイウェイブNさん、見送りありがとうございます!

また次回、一緒に走りましょう!


え〜休日じゃったのお〜。。。そんな感じです。


あっというまに、まつしまへ無事帰還。
陽の明るさから言うと、もうちょっと走ってもいいな。そんな気もします。



お疲れ様でした〜!





しばらくは、いつものごとくトークが終わりません(笑)。
ネタは、一日走りましたから山ほどありますしね。


参加された皆様、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!


天気の不安もありましたが、だんだん回復しと最後には晴天になり
事故なく無事に終了してホッとしております。
今回はスタッフとも話しましたが、近年まれに見る楽しさだったような気がします。
(↑思い切り自画自賛ですがw)


今回も、まとめ動画をマックスが製作いたしました。

まつしまツーリングは、3度楽しめるんです!(笑)
@最初は、ツーリング
Aその後の、長編ツーレポ
B最後は、まとめ動画

↑画像をクリックで、動画スタート!



毎回、皆さんに満足していただけるようなツーリングを心がけておりますが
何か改善して欲しいことがあれば、遠慮なく言ってくださいね。

楽しんでナンボですから!



それでは、また次回!

次回は、秋です!
また一緒にツーリングを楽しみましょう!






戻る