×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2007/10/21 温井ダムツーリング(表企画)


@集合なのじゃ
週末には、寒波が来襲。
そんな予報だった日曜日。


待ちに待ったこの日の天候は、晴れ。


あとは、山間部の寒さが気になりますねえ・・・

続々と参加者の皆さん、登場。

CB400SF しーびっこさん


ジェベル200 軍曹


GSX1400 RYUさん


KSR110 N警部さん


W650 みぽこさん


スカイウェイブ650 Hさん


ZZR1100 廃道博士さん


GSX−R1000 ほにゃらっちさん


モンスター1000s.i.e  K夫妻


アドレスV125 F君


ZRX1100 Mさん


GT1000 Tさん


イントルーダー250LC Sさん(右側)

すいません、バイクの写真が撮れて無かったです・・・。



そして、なんと残念ながら参加できず
見送りに来てくれたのが・・・


バンディット1200S B4さん


アドレスV125Gで来て、隼でちょろっと走る予定のA4さん

二人ともありがとうございます!


そして、最後はスタッフのマシン

左から社長、奥様、マックス。



3台。




ん?




足りない?








ええ。




僕なんですがね・・・



スタッフなのにね・・・










ほぼ最終組で集合という
大失態。






いつもなら集合15分前に行くんですが
まあ、いつもそんなに早く来てないし集合時間きっかりに行くか。

ということで、のほほんと山で遊んでから来たんですが




ほぼ全員揃ってまして








ひいいいいいい!
す、すいません!



心の中で、侘びをいれ
肩身を狭くしていたしだいであります・・・(笑)。




ほとんどの準備は終わっていて、
なんだか申し訳ないような・・・



ということで


次回もこの時間帯に来て楽をしよ・・・


次回は、いつも通り早く来ようと思います(笑)。

A喋りすぎなのじゃ
さて、毎度のごとく
同窓会並みの井戸端会議、炸裂!
みなさん朝から、よく喋ります(笑)。









朝ごはん、食べてる人もいるし(笑)。


B説明の時間なのじゃ
さ、そろそろ説明の時間ですよ〜


まじめに聞いてます。


まじめに・・・

ん?
よそ見一名。カメラ目線一名、確認(笑)。


こっちは・・・と。

思い切りカメラ目線一名に、居眠り一名、確認(笑)。


肝心要のスタッフのマックスまで

カメラ目線。

おい!(笑)


そんなこんなで、説明は終わり
いよいよ出発です。

今までは、少し移動して隊列を整えてましたが
今回からは時間短縮のために、目の前の道路でやります。


はい。
注目度抜群でしたね(笑)。



僕より前がこんな感じ


後ろが、こんなん

全部で17台。

よくぞ参加してくれました!
ありがとうございます!


C出発なのじゃ
さあ、出発です!


信号待ち。

初参加のN警部、テンション高めです(笑)。



レッツゴー!


かなり気持ちいい!




マックスは、撮影。

毎度の事ながら、感心します。
よーやるわ、見とるコッチが恐ろしい・・・。




あ、前方に見えるのはAチーム(大型バイク軍団)
僕が、Bチーム(のんびりまったりペース軍団)の先頭なので
こんな景色になりますね。


Aチームのことは、ほとんど見えてないので
よく分かりません(笑)。


まあ、これがマスツーでも自由奔放ツーでもない
まつしまツーリングシステム。
参加者の方には、好評です。




さて、こういった感じの田舎道をひたすら走るわけですが
田舎道と言えば、獣。


志半ばにして、道路を横断できず残念ながら他界された獣たち
が普通に横たわっているわけですが、
この日は、なんと



熊が、撃沈していました。
猪ではなくて、熊。



あんなんが、突然道を横切ったら・・・











恐ろしい・・・。



僕らは、さらに山間部に向けて走り続けます。







祈りながら(笑)。



D結構冷えるのじゃ
一番気温の低いところに来たようです。

かなり見にくいですが、気温11℃。
もうちょっと先で、10℃。
さすが、山間部。


休憩ポイントに到着です。



早速、喋り捲るわけですが
当然話は、さっきまでの走行についてです。


テーマは、寒さ(笑)。


それなりの装備できた人は、
「少し冷えるね」といった感じ。




それなりでない人は、






すんごい寒い。

このRYUさん。
毎回、寒いと言います。



何十年もバイクに乗っているのに、この季節は
薄着で走って寒いと言います。


ツーリングの前に、何度となく「あったかい格好してくるんよ」と言っても


当日は薄着で突っ走って、休憩ポイントで






寒い。




ですから。






僕はですね・・・



今回確信しましたよ。





RYUさんはですね





寒いのが、好きに違いない。




薄着で走って、先端という先端が寒さで痺れるあの感覚
快感なんだと思います。





つまり・・・





寒い感覚系の・・・

















どM。



ではないかと(笑)。



僕の推理は、当たっているはずだ!(笑)





みなさんは、まったり休憩タイムに突入。






出発前と同じく、話し声は永遠に続く勢いです(笑)。


で、こちらは今後のスケジュールを確認。

予定よりも早いので
もしかしたら間に合うかも?
ということで、休憩時間を短縮することにしました。


さあさあさあ、出発ですよ!





E走るのじゃ
国道をのんびり走ります。
前に車がいたので、Aチームも前に見えます。

当然、制限速度内スピード。


山から下ってきたので、少し暖かい感じ。


ゆっくりでも遊ぶ。
後ろを笑わせる。



そんなライダーもいます



はい、笑いました。
声を出して(笑)。





ありがとうございます

時速50kmくらいでのパフォーマンス(笑)。


こんなんしながら、温井ダムに到着!

おお!でかい!!







しかし皆さん。
ゆっくりしてる暇はありませんよ。
急がないと始まっちゃいますよ。

ということで、すぐにダムに向かって歩き始めます。

時間的に多分間に合うだろう
との気持ちが表情に表れ、笑いまくってますが



あと5分。



なんとなく不安になって・・・



皆さん、走り始め・・・


そうなると
歩くのとか自転車で走るとか、人力を使うのが嫌い。エンジンがないと嫌。
と言っていたN警部。





全力疾走。

何故にいいいいい!!








一言。



何人(なんぴと)たりとも俺の前は走らせねぇ。




だそうで(笑)。


懐かしい(笑)。
性格は、そっくりですがね




でも、高所恐怖症(笑)。



ま、しょうがないです。
この高さですから

ひいいいいいいいいいいいい!!!


ひとが、あんなにちっちゃく見えるううう・・・





という僕も高所恐怖症(笑)。



こんな風景を見ると

みんな、そんなとこいたら危ないぞおおおお!!!




って言いたくなります(笑)。
マジですよ。


皆さん何を見てるかって?
この日は、お祭りでして温井ダムの放流が見れるんですよ。
5分だけ。



そのために走ったんです(笑)。


だから、それを見るためにみんなダムに張り付いてるんです。

まだかなあ・・・

F放流なのじゃ
そして、いよいよ・・・

おっ!出てきた!!


夢中。




温井ダムの放流、全開。

おおおおお!!!すごい!

下にいる人の大きさと比べると、凄さが分かるはず!

そして、下の人はずぶ濡れな感じ(笑)。

すごい水量ですもんねえ・・・


うう・・・しかし・・・高い!

僕は、決死の覚悟で撮影したんですよ。

怖くない人たちは、楽しんでましたね



僕は、出来るだけ道の真ん中にいました(笑)。

丸頭組(笑)。
因みに右のMさんは、高いトコ全然平気です。







さあて。



登場しますよ。



我らが高所恐怖症組の組長である

社長が逝く!







さすが組長!
見事です!!
もう、ぐうの音も出ません!!!




高所恐怖症者の・・・














基本姿勢(笑)。

組の仲間で肩を組んで歌いたいくらい
気持ちは良く分かります!(笑)




恐らく股間は、風の谷のごとく
スースーなってるはずです(笑)。





なんで、みんな平気なのかなあ・・・


もう我慢できずにダムから離れてしまったN警部(笑)


G飯なのじゃ
ダムの放流ショーも終わり
昼ごはんに向かいます。


そんなときに、CB400SFのしーびーっこさん
「なんかA4さんに似た人がいた」





まさか





他人のそら似よ、それは。
今日は、参加できない
って言って見送りに来てたし。









ところが。










おお!
ココが目的地だったん?
偶然だねえ!!!








き、貴様ら・・・











来てるじゃないかあああああ!!!

それも3人で(笑)。





ちゃっかりおんなじ所にバイク停めてるし(笑)。


まあいいや。
一緒に飯でも食べようじゃない!


ってことで、ゾロゾロと・・・






座敷占領。(予約済みです)


そして、従業員不足を補う・・・



奥様(笑)。

はーい、注文は決まったのかしら?


あっちこっちでは、撮影会(笑)。

バイク乗りは、子供ですね(笑)。

そして、飯の写真は蕎麦しかない。



あとはですねえ、



写真撮る前に、喰っちまいました(笑)。
えらい腹が減ってましたんで・・・。


で、食べ終わったらレジなんですけど。
20人がいっせいに行くんで



大渋滞。


僕の番が来てですね。
お代が800円なんで、1000円出したんですけどね・・・


レジの機械は最新式。
でも、操作するおばちゃんが、あまりの人数に焦ってしまったのか?

レシートの上に200円が乗った状態で受け取るはずが


レシートではなく


1000円札の上に200円


の状態で、
はいどーぞ。




って。





食べた上に、



200円貰っちゃっていいんですか!





おばちゃん、すぐ気がついて事なきを得ましたが
笑えました。


Hまったりのんびりするのじゃ




あったかくて気持ちよかったですねえ・・・


こっちはラブラブで、いい雰囲気






こっちは、メタボ討論会(笑)



なんちゅー濃い連中じゃ

なーんて、トンボも思ってるんでしょうね(笑)。


僕は、屋台物を食べようと思って祭り会場に行ったんですけどね。


すんごい人で、何も買えませんでした(泣)




充分にマッタリしたところで、記念撮影の時間です。


この二人は、何かにつかまっていないと

死ぬんでしょうね(笑)。


さ、三脚をグリップ代わりにしてるし(笑)。



びょ、病院行き決定じゃ!





記念写真は、こんな感じ


現像して、参加された皆様には差上げますんで、しばらくお待ちください。

I帰るのじゃ
さあ帰りましょう!



ここからは、燃料補給のため3台(DR、KSR、ジェベル)途中離脱の予定。

スカイウェイブ650 Hさん情報によると
20kmくらい行ったらスタンドがある
と言うことなので、そこで補給。


レッツゴー!帰りは、20台!





僕は、撮影してたしセンター側を走ってたんで
気がつきませんでしたが、


高所恐怖症組組長の社長
欄干側を走っていて、左側の下が見えて




ひいいいいい!!!



ってなって、

センター側に目一杯寄って
なおかつ上半身を半分くらい反対車線にはみ出させて
恐怖を逃れようとしたら、


センターにより過ぎて
今度は反対の右側の下が見えて、再び




ひいいいいいいい!!!




って、なって大変だったそうです(笑)。



僕は最初から、センター側にいたんで助かりました




このあと
しばらく気持ちよい、車の少ない、コーナーの多い
素敵な道を走り楽しんだんですが


そろそろ登場してくれないと困るガソリンスタンド
なかなか見えてきません。









ホントにあるのかあ・・・









不安は募ります。






が、





あ、あったーーーーー!
ようやく見えてきました。
いよーし!満タンだぜい!!!








って。






ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!













閉まってるじゃねーか!!!










えーっと、



三人とも顔面蒼白でした(笑)。
誰の後ろにタンデムしてもらえるか、考えましたよ、まじで。







ま、そのまま走ったらあったんですけどね
ガソリンスタンド。
見つけたときは、ガッツポーズでしたよ(笑)。


で、すぐに次の休憩所に向けて出発!

ここですね。





さっきのスタンドで、何リッター入ったか?

これをネタに話したんですが、驚きべき事に


3人、そろいも揃って




600円。











まじで?
DR250とジェベル200とKSR110よ
そんなにピッタリなるかなあ・・・?



もしかしてさ・・・









誰でも、一律600円なんじゃないんか?(笑)





などと、言いたい放題(笑)。


またしてもここで、喋り捲った後
最後の休憩地に向けて出発です。

レッツゴー!


いい道でしたねー。



この辺は。




今回はチョイ細めの道も走りましたからね。
それはそれですごく楽しいんですけど




なぜかダムだらけ。




そして、なぜか





橋という橋は、全て高所。





キツ過ぎる設定であります。



橋の上は、めいっぱいセンターを
ふさって走りました。


下の景色が見えないように(笑)。
ホントに怖かったんすよ。


そして、最終休憩地に到着。





Jふたたびまったりするのじゃ
至福の時。









笑って笑って、笑いまくりましたね。
楽しかったです。

この時間が、大切なんですよ。


K無事に終わったのじゃ
さて、まつしままで帰りますか?


雲ひとつ無い快晴のまま、帰れそうです。

なぜかAチームと帰るルートが違ってしまい
Bチームが最初に到着。



お帰りなさい!


コチラは、Aチーム。






お帰りなさい!




社長の挨拶で、しめて
無事にツーリングは終了しました。


参加された皆様、お疲れ様でした。
皆様に、出来るだけ楽しんでいただけるよう
ストレスのたまらないように考えたつもりです。
何か改善して欲しいところがあれば、遠慮なくおっしゃってください。

また企画しますので、是非参加してください。
ありがとうございました!




そして、余韻を楽しむように喋りは続きました(笑)。





それでは、また次回!



戻る