×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ライダー必見!腰を守ろう!ウエストベルト!



ロッキースポーツ製ウエストベルト



これが、そのウエストベルトです。


装着したらこんな感じです。

後ろから


前から


コレが、腰の負担を緩和するわけです。
「腰」は、身体の「要」ですからね
特にバイクの場合は、「腰」が重要。


ツーリングに行って、「腰が痛くなった」ということ
ありますよね?


これは、乗車状態で路面からの上方にかかり続ける力を
腰で吸収しているからだそうです。
同じ姿勢のままで長時間上半身を腰で支えるのは、確かにキツイですよね。


それを、緩和するのがロッキースポーツ
スポーツウエストベルトです。


もちろんバイクだけでなく、激しいスポーツにも対応できます。
写真の「ERGOベルト」は、水に濡れても問題なく使えますので
マリンスポーツやスキー、スノボーでも使えます。



他のウエストベルトと何が、違うのか?



連続して使用したときに起きる
「腰周りの筋肉が落ちる副作用がない」
とのことです。

コレが、ウエストベルトの欠点でしたからね。
それがないというのは、凄いです。

詳しくは、コチラのHPを見てください。
採用アスリートの中には、雑誌で見たことがあるような有名なライダーもいますよ。


因みに、営業の方が言われるには
「他のウエストベルトとは、別物です」
とのこと。



まあ、百聞は一見にしかずです。
試着をしてみてください。




ヤノカッターのインプレッション。

ツーリングで朝から夕方にかけて
以下を走行中、ERGOベルトを装着。
林道走行 30分
アスファルト走行 150km
獣道走行 1時間
ヒルクライム 30分

着け心地に関しては
いつもに比べると、若干腹への圧迫はありましたが
慣れてしまえば特に問題はありませんでした。
走ったのが、気温5℃前後の真冬だったのですが
ベルトの副産物ですね、腰周りが常に暖かく快適でした(笑)。

肝心の腰の負担。
走行中に、腰が痛くなることはありませんでした。
これは、乗っているバイクがオフ車であるためにポジションが楽であることも
大きいですが、朝から夕方まで走行していたことを考えると
ベルトをしていなかったら、さすがに腰が痛くなっていたと思います。
いつも帰る頃は、腰が痛いですから(笑)。

一番、効果を実感できたのは次の日でした。
体のそこらじゅうがだるいんですけど
「腰」だけは、快調そのものなんともありませんでした!

まあ、個人差もありますので
誰でも効果がありますとは言えませんが、
僕的には、オススメアイテムですね。
(僕も、買いましたよ)












戻る
戻る