×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






大阪への道レポート

@出発前
仕事が終わったのが18:30
夜行バスの出発が、22:30


その間、4時間。
たっぷりと時間はありました、はい。






ま、常連さんを帰らせずにつき合ってもらいました(笑)。


常連さんのクルマで、飯を食べに出かけ

いい感じにブレて、まるで都会!実は、かなり田舎(笑)。





トンカツを喰らいました。






で、自分撮りをしようとして大失敗(笑)。

悪党ずらのYさんと僕の髪の毛がちょこっと、SBKさんは完全に消えてますね(笑)。
でも、旨かったっすよ。

やっぱり一人で飯を食べるより、みんなで食べた方が旨いし楽しい。

しかし、楽しすぎて会話が弾みすぎて・・・



内容が、あまりにも「夜向きな内容」になってきたので(←野郎の嵯峨です・笑)
すぐに店に戻りました(笑)。



で、案の定・・・




ドンちゃん騒ぎ(笑)。     注・店は閉まってますよ

あ、呑んでるのは僕だけで(笑)。


みなさん、車で来てるんで・・・お茶しか飲めない。
だからって・・・






Yさん、人相悪すぎ(笑)。

ほにゃらっちさんも仕事帰りに寄ってくれました。



まあまあ、よくもそこまで笑えるもんだ!
ってくらい笑いましたよ。
ネタは、Yさんの山道から転落話がメイン(笑)。


みなさん、お付き合いしていただきありがとうございました。
とっても楽しかったですよ♪




そして、いよいよ出発の時間22:30。



さすが田舎町。駅前ですが・・・

真っ暗です(笑)。




いざ、大阪へ!

コイツが、僕らの命を乗せて走るマシンです。


このバス、結構すごいんですよ。
3列シートで、フツーのバスよりゆとりがあります。
こんな感じ。

おお、いいんじゃな〜い♪
肩が当たらないしねえ・・・(笑)。

そして、今晩の寝床となるのはこのシート。

結構リクライニングして、足元には台がついてるし、スリッパは用意されてるし
毛布まであるし・・・

よさげな感じです。



マックスは、あまり寝れなかったようですが・・・


僕は、熟睡。
なーんにも憶えておりません(笑)。


まあ、どこでも寝れるのが僕の特技ですからね。
若かりし頃は、通学の電車の中で立って寝るのもフツーでしたし(笑)。




AM6:23
大阪着



やっぱり都会は、凄い。
常に上を眺めていました(笑)。

た、高け〜ビル!!!



そして、常にビデオ電源オン

田舎ものまるだし!
全然オッケー!!開き直れば怖くない!!!(笑)。

今回は、何から何まで撮るつもりです。
ビデオテープは、4時間半分用意。
バッテリーは、7時間半分用意。
三脚なしの、腕の筋力が持つ限りの撮影に挑みます。


A大阪到着
さて。

巧塾のお迎えを待ちます。
わざわざ迎えに来てくれる
というありがたいお言葉、甘えさせてもらいました。






発見!

おお!ありがとうございます〜!!!







これで、電車で迷GO!の不安はなくなりました(笑)。






快適です。
ものすごく快適です。



しかし・・・

Nさん、声がしゃがれてるんですけど・・・・
栗様、目が死んでるんですけど・・・















前夜祭で、そーとー呑んだらしいですね。














2次会でも(笑)。
中国地方軍と、かなり意気投合したようです。
全員、警○官として夜の街に消えていきました(笑)。

とてもお○りさんには、見えないような気がしますが・・・(笑)。
まあ、自己防衛案として最適ですね。さすが。



で、クルマは走り続けます。
コンビニで、朝飯を調達して

すごい買ったし・・・食べられるんか?(笑)。

この辺から、ノリノリです(笑)。








あ。






悶々です(笑)。








大都会から、走ること数十分。
僕らの町と大して変わらない山の中に入り
サーキットは現れました。



堺カートランド!




いよいよです。






Bサーキット便り1
ピットに並んだ中国遠征組のマシン。

ノーマルクラスで、出場します。


続々と集まる各ブロックのチーム・・・


ドキドキしてきますね〜
中国遠征軍が車検を受けている間に、







好奇心旺盛(過ぎる?)な僕が、ピット見学に行って来ました(笑)。




うーーーーん・・・
なんだか物凄い雰囲気なんですけど・・・


本気の香りが、漂ってます。





だって、








だって・・・








あれは・・・











タイヤウォーマー

初めて生でみました(笑)。




コチラも

脇にスペアタイヤも、くるくる回ってましたし・・・









なんだか嫌な予感(笑)。





Cサーキット便り2

そして、巧塾のピットのお隣さんがコチラ。

PEE’Sって、僕がネットで調べたところによると

去年のNORI耐、5連覇の常勝チーム・・・。
ちょっとドキドキします。

オープンクラスですね。






で、すーーーーーーんごく気になるところが、一点。







そのシャツの、すその・・・








「殺」ってなんですか?




もう興味津々です(笑)。

話しかけよっかな?どーしよっかな?
いろいろなことが頭の中を巡りますが、心は決まりました。




コレが目に入っちゃいましたからね。









毒殺

いったいどーゆー意味なんだーーーー!!!(笑)。




で、お話して聞いてみると
「毒殺ですよ、ハハハハハハ!」とのことでした。
結局意味が分からず・・・(笑)。


堺で何回も走られているので、聞いてみました。
「たしかST600に参戦している方も、このレースに出てたりするんですよね?」と。










ああ、ウチのライダーです、それ。










まじっすか!
そして、彼のツナギには、さらに僕の心をくすぐるワッペンが・・・・











秘密結社。

素敵過ぎ(笑)。ウケまくりました。
「秘密結社PEE’Sですよ、ハハハハハハ!」とのこと。
またもや意味が分からず(笑)。


こーゆーのって、ST600とかレースやってる人つけてるんですか?
と聞いてみました。






「選手権でこんなことやってるの、僕だけです」





最高です(笑)。
こーゆーノリ大好きです(笑)。

ノリのいい人たちでした。



ま、僕ら中国遠征組みもアイテムじゃ負けて無いですよ!
ピットで発見しました。
持ち主は、この方(ツナギ着てる人)ピクルスさん。

某有名ライダーが使っていた本物ツナギを手に入れて、気合十分!
でも、体はボロボロ。つい最近まで、アシモに負けるくらいの歩行能力でした(笑)。



スペシャルなツナギに・・・






スペシャルなグローブ。

ハンドメイドです(笑)。



コレも、ウケた。
撮影しながら、笑いそうだった。

Dサーキット便り3
さて、スケジュールは続きます。
フリー走行30分に予選です。





アッというまに終了。



近畿勢、圧倒的な速さ・・・です。

ラインが全然分からんし・・・。


予選結果に群がるライダー。

上位は、ほとんどが近畿勢でした。
やっぱり速いですね〜ある意味、異次元な速さです。


さて、いよいよ決勝です。
各車コースインです。




ウォームアップ走行の後





グリッドに向かいます・・・。




スタートは、ルマン式。
グリッドには、全チームがずらり・・・



オネーさんも、準備オッケーです。




しだいに静まるサーキット・・・

信じられないほどの静寂に包まれます。





ちょっと鳥肌が立ちましたね。










Eサーキット便り4
レーススタート!
すいません、ビデオ撮ってんたんで画像ありません。





スゲーーー!!!
コレだけいると、すんごい迫力!!!





巧塾、キター!!!

スタートで、エンジンかからず、ちょい遅れる。
がんばれーーーーー!!!



キター!!!

ピクルス軍、なんとロケットスタートで2番手にジャンプアップ!



キター!!!

小笠原レーシング、がんばれーーー!!!





ああ、楽しそう♪

ものすごく楽しそう♪



撮影している方も、夢中になります。


しかし、ピットに戻ってみるとセカンドライダーの「栗様」が




飯喰ってるし(笑)。

アンタ、今から走るんよ!
って言ったんですけど・・・




「我慢できなくて・・・」って、喰いまくってました(笑)。



みなさん、夢中で見てます。

栗様は、飯食ってますけど(笑)。


近畿勢は、ものすごい速さです。


オープンクラスも熾烈!

12インチ仕様のロッシ

17インチ仕様のPEE’S


異次元のラップタイムですよ。
他にもたくさんいたんですけど、ビデオ撮影メインでしたので画像が撮れてません(泣)。
いろいろいましたよ〜パスするときに相手の肩に手を置いたり、テールカウルを触ったり
僕ら的には「異次元な動き」でしたね(笑)。


地方の遠征組は中盤以降で、ひしめき合うようにレースをしていました。
その中に巧塾もいました。
まさに団子状態。


それを近畿勢は、どんどん抜いていきます。
なんなんでしょうこの速さは(笑)。



Fサーキット便り5
1時間に達する頃、ピクルスさんがピットイン。
腰が限界に来てました
バイクから降りてから、立つのが辛そうでしたし・・・




そして、巧塾のNさんは順調に走行してましたが・・・










転倒。






おまけに、すぐにエンジンかからず・・・




団子軍団が綺麗に通り過ぎていきます。





ようやくエンジン始動!
いよっしゃー!イケー!!






と思いきや緊急ピットイン!!








どした?なんで?どっか壊れたか?






その様子をビデオで撮影するつもりでピットに入りました。









なんと、シートが外れている。
ネジは、どっかに吹っ飛んでいる。









焦りました。
撮影どころではありません。
ソッコーで修理しなければ!!!




私、ヤノカッター





ヤバカッター状態でした(笑)。


ピクルス軍のアニキさんも手伝ってくれまして、作業は順調に迅速に終了。
アニキさん、ありがとうございました!




そして、栗様出動!!!




が、今度は栗様が、ブレーキレバーが折れていることに気が付く。

「どーする?替える?どーする?」と聞くと



替えます。
とのことだったので、急いで替えようとすると
Nさんが、「イケルイケル!そのままで!」との指示。




栗様、そのままピットアウトしていきました。



Nさんは、ブレーキレバーを二本指でかけるので先端がなくても関係ないわけです。
が、後で聞いたのですが、栗様は4本指でブレーキをかけるので
かなり違和感があったとのこと(笑)。
でも、上司命令でしたからしょうがないですね(笑)。



栗様、必死に走ります。

シートカウルのガムテープが痛々しい・・。

ピクルス軍も頑張ってます!


小笠原軍も頑張ってます!



レースの行方は・・・みんなが夢中。




ピット前で、出来る限りの応援をします。


順位は、こう着状態のまま2時間経過。
再び、ライダーチェンジの時間です。


ピクルス軍からは、サーキットで話題となった彼が登場しました。
いつものフルモトクロス仕様は、このサーキットでは認められないので
今回だけの特別仕様。





ズバリ!








第三京浜バトル系で(笑)。






オフ乗りで、激走してました

かっこいいですわ〜場内アナウンスでもかなり話題になってました(笑)。

Gサーキット便り6
全チームのライダーが、頑張って楽しんで走った3時間・・・。












グランドチャンピオン大会という名の熱き闘いは、終わりました。
歓喜のゴールを向かえ、頑張ったライダーをチームメイトが出迎え
最高に気持ちの良い「達成感」を味わいます。








このなんとも言えない「和やかなひととき」が、いいんですよ。

Hサーキット便り7
そして、表彰式へ・・・

ホームストレートのど真ん中んで、行います。


近畿勢が、表彰台を独占してました。

速かったもんなあ・・・
1位の人は、「毎週ココに来て、一人寂しく走りこみました」と言ってました。


すごいですねえ・・・。
どうりで・・・


気合はいってましたからねえ、レース前から

頭にゼッケンが・・・(笑)。



そして、中国遠征組の最上位
「カンパニー大町店&ピクルスwith肉球レーシング」が獲得!


おめでとうございます!
って、僕らも一緒に写ってますけど(笑)。


しかし、今回のレースは賞品が凄かった!
トロフィーは、クリスタルだったし
副賞は、5、4,3,2万円の商品券!


はっきりいってそんじょそこらの本チャンレースより豪華です(笑)。


そして、最後のじゃんけん大会。



賞品は、なんと

GS50 2台!!!
あややが、鍵を二つ持ってます。



漢のメーカー、SUZUKIです!!!



さすがに、みんな驚いてました。
そりゃそーだ、じゃんけんでバイク貰えるんだから(笑)。


いいなあ・・・。
(↑じゃんけんに負けました・笑)



Iサーキット便り8
そして、レースは終わりました。



結果

’06 GS50 3時間耐久レース グランドチャンピオン大会

中国遠征組
ノーマルクラス  7位  カンパニー大町店&ピクルスwith肉球レーシング
ノーマルクラス  10位 オガサワラレーシング NIHO 田口塾
ノーマルクラス  16位 チーム巧塾

オープンクラス  4位  ピーちゃん


我がチーム「巧塾」のNさん的には、「不甲斐ない結果」だったようで
かなり落ち込んでました。





わし・・・





もう・・・







バイクやめよっかなあ・・・











なにもそこまで言わなくても(汗)。


僕らは、十分感動させていただきましたよ!
来年、また頑張りましょう!
また、撮影部隊でついていきますから(笑)。


参戦された皆様、お疲れ様でした。
主催されたスズキ様、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

レースへの参加をさせてくれた社長&奥様に感謝です。
ありがとうございました!

コチラは、中国山陰地区の営業のYさん

お疲れ様でした。




最後に、中国遠征組で記念撮影。

楽しかった〜!!!
そして、燃え尽きました(笑)。
来年もまたがんばりまーす!










よね?(笑)。








さーて、帰りますか・・・。



6時間くらいかなあ・・・(笑)。

Iお家へ帰ろう
まだあるんか?
と思ったアナタ。






ありますよ(笑)。







さて、ちょっと寂しいですが、すぐにサーキットを後にします。


アニキさん、カメラ目線ですね〜。
ドンちゃん騒ぎして泊まっていくといってました。






ええですなあ・・・(笑)。







サーキットを出て、いきなり渋滞!

さすが都会の大阪。


時速10kmくらいですよ(涙)。
そして、車内で流れるBGMはなぜか・・・









「神田川」








Nさんの選曲です(笑)。
まあ、終わったばっかでしたのでしゃべりっぱなしでしたね。
運転は、Nさんにお願いしてます。



レースで疲れているのに、すいません。




何しろ僕らは、大阪が全く分かりませんので(笑)。


しばらくしてから窓の向こうに見た景色は、まさに工業地帯といった感じでした。

さらば大阪。



高速に乗り、運転を代わりました。
僕は、撮影しかしていないので特に疲れているわけでもないので、淡々と運転しました。

夕方から夜になりかけの中国自動車道。
日曜日の夜という時間帯にもかかわらず・・・





貸切状態(笑)。







ようやく、近づいてきたな。
って感じでした(笑)。





Nさんと栗様は熟睡状態・・・zzzzz。
ホントにお疲れ様でした。







が、まだイベントは終わっていませんよ!





晩飯がありますからね(笑)。
僕的には、かなり楽しみなわけでして・・・濃いのが欲しいっす!(笑)。






目指していたSAに到着しました。



迷いましたよ〜みんなで(笑)。

左側の「チキンカツ定食」にするか?
右側の「豚肉の炒め物?ちょいピリ辛風味定食」にするか?




気分的には、「小一時間悩んだ」様な気がします(笑)。



悩むには、それなりの理由がありまして
パンチのある豚肉炒めものに対して、若干弱いチキンカツですが
心強い味方がいるんですね〜・・・







「豚汁」(笑)。




最終的には、全員「チキンカツ定食」になりました。


なぜ全員なのか?



簡単です。




「くそう、そっちにすれば良かった」
と悔やまないためです(笑)。
そんな感じで、ドミノが倒れていくような勢いで決まりました(笑)。



画像は、ありませんが旨かったです(笑)。
すいません、すんごい腹減ってたんで・・・昼飯も食べ忘れてましたし。



まったりしましたよ。
至福の時でした(笑)。




さて、帰りましょう。
クルマの中のBGMは、何にするか?
迷っているところに、マックス





「夜のハイウェイなら、コレ」
と言って、出したCD。







わざわざ買ったんかそれ!さっきのSAで。










「山本譲二」(笑)。






まあ、こっからはノリノリでしたよ。
Nさんが、絶好調!
拳握って熱唱してましたよ(笑)。
大爆笑な車内でした。




そんな修学旅行並みのノリで、高速道路をひた走る僕ら。
言っときますけど、思い切りシラフですよ(笑)。





メールが入りました。




ぴくるすさんです。
「さっき抜いたの分かりました?」






は?
今日は、泊まるんじゃなかったっけ?
仮に帰っていたとしても、何故中国道を・・・?
山陽道ではないのか?

?マークが、頭をぐるぐるかけめぐりましたが・・・







結局、PAで合流(笑)。



僕らしかいないし(笑)。


でっかい喋り声が、寂しいPAに響き渡りました(笑)。
なにやら今回の旅行(?)で、僕達随分親密になれた様な気がします(笑)。

いろいろと話しましたが、結局
「なぜ中国道を走ってきたのか?」は、分かりませんでした(笑)。

さて、今度の今度はホントに帰ります。
一眠りしたNさんは、退屈しのぎに運転したいということでしたので、また交代。






今度は・・・







尾崎のオンパレード!
それも、アカペラで(笑)。


もう笑い疲れましたよ(笑)。


あっという間に、益田に着きました。
気分的には、過去最短な感じでした。
「楽しい」ってのは、いいですね〜。





お疲れ様でした!




おしまい。



トップへ
戻る